「あ~今日も疲れて作業できなかった。明日頑張ろう!」

 

次の日

「あ~~今日も出来なかった。ちょっと後悔」

 

2週間後

「2週間で1記事しか書けなかった。。
このままじゃ稼げない、どうしよう、、大後悔(´;ω;`)」

 

アフィリエイトは自分との戦いだ!
なんていう人がいますが、まさに
その通りでいかに忙しい毎日の中で
隙間時間を見つけアフィリエイト
作業時間を確保するかがカギです。

モヤモヤした不安の原因

いつまで経っても稼げない現実

アフィリエイトは即金ビジネスではないため
サイトを作成しても収益発生までに時間が
かかります。

 

やり方が間違っているのか?そもそも正しい
やり方を知らないのか?

 

彷徨っているうちにラクして稼げるなどの謳い
文句を掲げる高額塾などに騙され、いつまで
経っても稼げない、を繰り返している人は多いです。

 

また正しいノウハウに従って実践すれば稼げる
のですが、1円も発生しない現実に心が折れて
しまい継続できないパターンもあります。

 

作業の進み具合<作業しなかった後悔

一般的に作業したにもかかわらずさほど
進まなかったときの後悔よりも
作業自体しなかったことの後悔の方が
大きいです。

 

というか作業したうえでの後悔は
「失敗は成功の基」のように次に
つながる後悔で、無駄なことは
ありません。

 

しかし、作業自体しなかった後悔には
何の生産性もありません。
もちろん、考えることは大切です。

 

アフィリエイト作業を進めるうえで
頭を使って考えなければならないこと
にたくさんぶち当たります。

 

よく、アフィリエイトはひたすら
作業せよ!という人がいますが
ただ記事を更新すればいいわけ
ではありません。

 

何も考えず只々自分の感想を書き
続ける個人ブログのような記事を
書き続けても稼げない確率が高いです。

 

検索ユーザーが何を考えて検索
しているのかを意識した記事内容
じゃないとダメですね。

モヤモヤした不安の解決策

リサーチ作業には時間をかけるべき

これはトレンドアフィリエイトを
中心に稼いでいるアフィリエイター
に多い傾向ですが、

 

「リサーチ」に時間をかける意識が
圧倒的に足りていません。

 

トレンドアフィリエイトはアクセス数
が、稼げる基準なのでとにかく記事や
文字数が多い方が良いとされています。

 

そのため流行りのコンテンツSEOと
呼ばれる超長文傾向の記事が多く
なっていますが、読む側にとって
果たしてストレスになっていないか
どうかは疑わざるを得ません。

 

なぜトレンドアフィリエイト中心の
アフィリエイターがリサーチを嫌う
のかというと、

 

そこまで深くリサーチをしなくても
記事さえ書けばアクセス数は増え、
事実その方が簡単に収益が発生する
からです。

 

もちろんこの方法が悪いわけではない
のですが、物販アフィリエイトでは
ユーザーが何を求めているかなど
徹底的にジャンルのリサーチをしない
と稼ぐことは難しいです。

 

リサーチは調べることが中心なので
記事作成とは異なり作業した実感が
湧きにくいです。

 

物販アフィリエイト実践者でリサーチ
ばかりで作業が進んでいないと感じて
いるならば、それは誤解であり稼ぐ
ために必要な時間であることを認識
しましょう。

 

作業日誌を付けて後悔と不安を消す

「よし!アフィリエイトはじめるぞ!」

 

最初の5日くらいは誰でもやる気満々です。
しかし、アフィリエイトで稼ぐためには
最低半年は作業を継続して行う必要がある
ので無理なやる気は3ヶ月が限度です。

 

やる気はあっても実際にできる作業量は人
によって異なります。

 

確かに私のアフィリエイター仲間には1日
3時間睡眠で毎日10記事更新できる超人も
いますが、私のように自力でも1日2記事
更新が限界の人もいますし、本業が多忙
すぎて全て外注している人もいます。

 

作業量を劇的に早めるには外注はおすすめ
です。1人でやるより2人、3人の方が仕事
は早く終わりますもんね。

 

どういう形であれ、作業を進めることが
重要なのですが後悔と不安を消すため
には作業日誌をつけることです。

 

目に見える形で作業日誌をつければ、
実際に作業した充実感も得られますし
細かく内容を記録することで後で
サイト分析する際に役立ちます。