幼稚園から社会不適合者

 

 

僕「せんせ~い!あしたはなにやるの?」

 

先生「明日は運動会の練習よ」

 

僕「え~イヤだぁ、じゃぁつぎのひは?」

 

先生「お絵かきの練習ね」

 

僕「え~イヤだぁイヤだぁ、つぎの日は?」

 

先生「……..そんなにイヤだったら来なくていい!(`□´)コラッ!」

 

 

37歳になった今、幼稚園の思い出はこの出来事だけです。

 

とにかくめんどくさかった。

 

 

子供の頃からとにかく色々なことが
めんどくさかったです。

 

 

一人っ子だったこともあり、
集団行動がとっても苦手でした。
ふつうこういう子は親とは良好な関係
なのですが、暴力としつけが厳し過ぎて

 

 

いつか殺してやる!

 

 

と5歳児ながら本気で思ってました。

 

 

世界中の言語がしゃべれる金持ちの外科医

 

 

卒業文集で書いた小6の僕の将来の夢です。

 

 

はっきりいってクソですね。
クソガキそのものです。

 

 

「この子は斜めに構えているから」

 

 

死んだ婆さんにお客さんの前で
こう紹介され恥をかかされた記憶が
ありますが、今思えばその通りでした。

 

 

優等生の中学3年間

 

 

小学校6年間でついた僕のイメージは
基本的に勉強のできないバカでした。

 

 

だから中学校に行けば新しい自分に
変われると思いメッチャ勉強したんです。
(中高一貫の私立に進みました。)

 

 

そしたら本当に頭良くなっちゃって
中学3年生のときに系列大学の入試に
合格してしまいました。

 

 

本当は僕よりもっとバカな奴しか
いなかっただけなんですが。

 

 

登校は午後3時半の高校生活

 

 

勉強し過ぎたせいで、思春期とともに
学校の在り方に疑問を持つようになりました。
尾崎豊の世界です。

 

 

バカですね、長い物には巻かれておけば
良かったのですが妙な正義感に燃えてしまい
教師に抑圧された生活に反発するように
なりました。

 

 

学校行くのは午後3時半、友達と
カラオケ行くためだけに登校してました。

 

 

結果、単位不足で卒業式後まで補講を受け
ギリギリで卒業できました。

 

 

チャラ過ぎた大学生活

 

 

高校を卒業しこの後浪人して大学に入るの
ですが、夢と現実の区別がつかないくらい
楽しいキャンパスライフでした。
海にクラブに今でいうパリピです。

 

 

サラリーマンになんて絶対なりたくない!

 

 

就職しなくたってフリータでいいや
って本気で思ってました。

 

 

そして大学3年生が来ます、
そう魔の就活です!

 

 

が、しかし
運が良いことにエントリーシートがたまたま
採用担当者の目に止まり1000人近くが
受験する一般面接を飛び越えて
いきなり最終面接までいけました。

 

 

 

 

でもやっぱり働きたくなかった。

 

 

 

 

営業職募集にもかかわらず、最終面接で社長に

 

 

「僕、営業やりたくありません!」と宣言。

 

 

学生時代に営業のバイトをしていた僕は既に
営業の辛さを知っていました。だから話して
いるうちにヒートアップしてしまって出た
言葉がそれです。

 

 

バカですね、当然不合格、彼女にも振られ
就活も止めます。

 

 

まさにゲスの極み、社会不適合者です。

 

 

武器を持ってない自分に気付く

 

 

そう、当時の僕は強がってるだけで
何か人と違う特別なスキルを持って
いませんでした。

 

 

たまたまメンズノンノで特集されていた
女子にモテるバイトに「花屋さん」があり

 

 

モテる+手に職!一石二鳥だ!と
花屋でバイトを始めます。

 

 

花屋に正社員として就職する

 

 

いくつかお店を渡り歩いた後、バイトから
正社員になり最終的に店長になりました。

 

 

結婚式やギフトなどの制作などの仕事を
こなしながら先輩デザイナーの影響で
ドイツのフラワーデザインにはまります。

 

 

仕事が終わり終電まで毎日毎日練習の日々。
デートの誘いも断り、7年間も猛勉強した結果。。。

 

 

 

 

 

下手くそのままだった

 

 

 

フラワーデザインってつまることろセンス
なんです。ある程度のところまでは
上達するんですが、センスのない人は
いくら勉強したころでトップにはなれません。

 

 

その後、僕は会社を退職し技術は下手
でしたが独立します。

 

 

花が売れない

 

 

花屋さん、お花に囲まれた夢のような仕事
だと思うかもしれません。

 

 

しかし、想像を絶するほど花が売れない現実
を目の当たりにします。
毎年多くの花屋さんが開業しても3年以内に
つぶれています。

 

 

そういう僕も開業4年間くらいは赤字赤字赤字、、、、
預金が底を尽きたときは本当に

 

 

もう、死にたい

 

 

と思いました。
その後人脈のお陰でなんとか定期の仕事
を貰えるようになりだんだんと安定して
きます。

 

 

いつ潰れるかわからない!副業せねば!

 

 

個人事業主なんて、会社員以上になんの
保証もありません。

 

 

病気をしたり運転資金が焦げ付く等
来年の今頃は閉店しているかもしれません。

 

 

事実、売掛金のある取引先が飛んだ時は
本当にヤバかったです。。

 

 

社会不適合者でも4か月で22万円稼げた

 

 

2015年2月、アフィリエイトに出会った
僕はなんとか本業とは別の収入源を得る
ために寝る時間を削ってノウハウを
実践します。

 

 

頭の悪い僕では独学では稼げないと
わかっていたのでコンサルに入りました。

そしたら、なんと、

 

2月  ¥1,600
3月  ¥5,544
4月    ¥24,468
5月    ¥226,549

 

倍々ゲームのようにアフィリエイトで
稼げることが出来たんです!

 

 

35歳の僕にとって、ネットでお金が稼げる
なんて所詮、夢物語だと半信半疑でした。
しかし、実際に口座に振り込まれたとき、

 

 

アフィリエイト、ヤバい。。。

 

 

何度も通帳を見返した記憶があります。

 

 

あれから2年半、
現在ではグーグルアドセンスの収益だけでも
月収80万円を優に超えています。

 

僕のような社会不適合者でも
会社員では一生得られない程の大金を
手に入れられるようになりました。

 

 

アフィリエイトに関することなら
あなたのお役に立てることがあるかも
しれません。

 

 

疑問があれば遠慮なく質問して下さい。
メールお待ちしております。