一般的なホワイトハットとブラックハットの
被リンクに関する特徴は以下です。

 

  • ホワイトハット・・・ユーザーの為になるコンテンツ重視⇒自然と被リンクが付く⇒上位表示
  • ブラックハット・・・自作自演リンク重視・メインサイトに被リンクを送る⇒上位表示

 

ただ現在はブラックハットでもコンテンツ重視
のサイトもあるので白黒付けられるものでは
ありません。

 

SEOを考える上でブラックハットは手動
ペナルティを受けるから危険!だから
ペナルティを受けないホワイトハットを
選ぼう!なんてことは実は幻想に過ぎません。

 

確かに自演リンクとは切っても切れない
ブラックハットSEOの手法でサイトを
運営するとペナルティを受ける確率は
高いです。

 

同じくナチュラルリンクを流入させる
ホワイトハットSEOはブラックハットSEO
で進めるよりはペナルティを受ける確率は
低いと言われていました。

 

しかし、検索結果の順位は他のサイトとの
比較によって順位付けされているので必ず
しも自分がホワイトハットSEOでサイト
運営しているから安全!ではないです。

 

Googleが評価するユーザーに価値あるサイトとは?

最近はコンテンツSEOという言葉が独り
歩きし「ユーザーのためになる記事を!」
ととにかくユーザー目線の記事を書く
ことに命懸けのアフィリエイターもいます。

 

しかし、Googleはコンテンツの充実
だけがユーザーに価値を提供する
とは言っていません。

 

Googleが考えるユーザーにとって
価値あるサイトの特徴はズバリ

  • 役立つコンテンツ
  • 被リンク数が多い

です。

 

なぜGoogleは役立つコンテンツと被リンクを重視するのか?

ところで、役立つコンテンツってどうやって
決めてるのか疑問ではありませんか?

 

Googleの社員が記事を全部読んで
「あ~この記事役に立つな~」と判断
しているわけではありません!

 

コンテンツ内容に関してはキーワードと
意味が通じる日本語で書かれていれば
問題なく評価してくれます。

 

では、順位付けをするためには基準を
どうやって決めているのかというと
「他サイトとの関係度合い」
コンピューターが判断しています。

 

他サイトとの関係度合いを調べるためには
被リンクの多さが大きな判断材料です。

 

被リンクとは外部サイトからのリンク。
被リンクが多いということはそれだけ
多くのサイトから良いサイトだと評価
されていることを意味します。
(=ユーザーに役立っている)。

 

と同時に被リンクがないサイトは
検索エンジンのしくみ上、評価の
しようがないです。

 

だから自作自演リンクは早く上位表示
される傾向にあるんです。反対に自然な
リンク(ナチュラルリンク)が付くには
他人頼みなので時間がかかります。

 

上位表示においてブラックハットで
進めると早く、ホワイトハットだと
遅い傾向があるのはこれが理由です。

 

 順位は相対的に決まる!正しく評価されるとは限らない

私たちアフィリエイターはユーザーに
役立つサイト運営が求められています。

 

しかし、SEOは他サイトとの関係において
決まるのでいくらこちらが全てはユーザー
のためにと捧げても、Googleが真っ当な
評価してくれるかは別問題。

 

必ずしも役立つコンテンツや被リンクが多い
からといって上位表示するとは限りません。

 

それが全て計算できればこれほどまでに
アフィリエイターはSEOに左右されて
いません。

 

ん~悩ましい。。。

 

攻めたり守ったりしつつたとえアルゴリズム
アップデートなど不可避な状況に遭遇した
としても柔軟に対応していくのがSEOです。