• 検索アルゴリズム
  • ホワイハット
  • ブラックハット
  • ペンギン
  • パンダ
  • フレッドアップデート
  • 手動ペナルティ

等々、アフィリエイトをやっていると
よく「サイトが飛んだ」とか「鬼が来た」
という用語を聞くことがあります。

 

サイトを運営しはじめたばかりの
アフィリエイターには何のことか
さっぱりわからないと思います。

 

検索結果の表示順位に大きく関わる
アルゴリズムアップデートも含めて
解説したいと思います。

 

グーグルアルゴリズムとは?

サイトが飛んでしまう原因を知るには
まずは「アルゴリズム」とはなにかを
知る必要があります。

 

SEOで使う意味のアルゴリズムとは
検索結果の表示順位を決めるための
計算手順のことです。

 

グーグルのアルゴリズムによって検索結果の
順位付けがされています。

 

アルゴリズムアップデートとは?

アップデートとは更新という意味です。

 

つまりアルゴリズム+アップデート=
検索結果の表示順位を決めるための
計算手順の更新のことです。

 

Googleは日々ユーザーが検索しやすい
ように日々、アルゴリズムアップデート
を行っています。

 

アップデートには小規模のものと大規模
のものがあり、有名なものにパンダ
アップデートとペンギンアップデート
があります。

 

  • パンダアップデート・・・低品質のページ順位を下げ、同時にユーザーに価値あるページ順位を上げる
  • ペンギンアップデート・・・不自然な被リンク対策をしているページ順位を下げる

 

これらのアップデートはGoogleの
ガイドラインに違反するユーザーにとって
邪魔になるであろうページやサイトは表示順位
を下げますよ!というGoogleの意志です。

 

サイトが飛ぶ!鬼が来た!手動ペナルティとは?

 

「朝起きたらサイトが飛んでた(´;ω;`)」

「鬼が来たかもしれない。。。」

「手動ペナ喰らって今月モヤシ生活かも。。。」

 

これら全ては運営しているサイトが
アルゴリズムアップデートによって
検索圏外に順位が落ちてしまった
インデックスから削除されたこと
(検索結果からの除外)等を意味しています。

 

ちなみに検索圏外とは一般的に
101位以下のことを指します。

 

手動ペナルティとは人の目視によって
行われるもので、アフィリエイターが
最も恐れているものかもしれませんね。